お知らせ

地球化学研究協会の今後の活動に関するお知らせ。
12月2日に開催された地球化学研究協会2017年度総会において、当協会は2018年3月末日をもって、活動を終了することになりました。当協会は、1972年発足以来、半世紀近くにわたって霞が関環境講座などで、公害・地球環境問題・原子力問題・災害・資源等、その時々の問題をテーマとして取りあげ、最先端の学者・研究者を講師に迎えて市民講座を実施してきました。さらに毎年地球化学の分野で優れた研究成果を納められた研究者を顕彰し、地球化学の発展を計ってまいりました。しかしながら、諸般の事情により活動の継続が困難になり、当協会の解散やむなきにいたりました。
今後は、地球化学研究協会の主な事業のひとつであった地球化学研究協会学術賞「三宅賞」は、来年度から公益社団法人日本地球惑星科学連合学術賞「三宅賞」として移行することになりました。公益社団法人日本地球惑星科学連合学術賞「三宅賞」では、地球惑星科学に関わる物質科学の分野において国際的に高い評価を得ている優れた研究者を顕彰することになります。
公益社団法人日本地球惑星科学連合では、2018年度の「三宅賞」の候補者募集を2018年1月1日から実施します。
応募の詳細については、公益社団法人日本地球惑星科学連合(http://www.jpgu.org/index.html, 電話番号 03-6914-2080)にお問い合わせください。
2017年度霞が関環境講座を開催しました。
2017年度霞が関環境講座を、12月2日に霞が関ビル35階東海大学校友会で開催しました。
地球化学研究協会常任理事等関係者
地球化学研究協会常任理事等関係者
霞が関環境講座・特別講演 和田英太郎先生の講演
霞が関環境講座・特別講演 和田英太郎先生の講演
霞が関環境講座参加者の集合写真
霞が関環境講座参加者の集合写真